スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<裁判員裁判>女性刺殺の被告に懲役15年 静岡地裁判決(毎日新聞)

 静岡市葵区で09年5月、スナック経営の女性を刺殺したとして殺人罪に問われた同区本通10、無職、小田義雄被告(60)の裁判員裁判で、静岡地裁(原田保孝裁判長)は18日、懲役15年(求刑・懲役18年)の有罪判決を言い渡した。

 小田被告は捜査段階から容疑を否認し、裁判でも一貫して無罪を主張。検察側は、現場にあった手袋から採取したDNAが、被告の型と一致したことなどを挙げ「すべての証拠は被告が犯人であることを指している」と指摘した。

 判決は、検察側の主張をほぼ認め「被告以外の第三者を犯人と想定することはありえない」とした。判決後の記者会見で、裁判員を務めた60代の自営業の男性は「(足利事件の)菅家さんのことが頭にあった。DNA鑑定の精度が当時と今で、どのくらい違うのか心配だったが、理解が深まる中で不安は解消された」と話した。

 判決によると、小田被告は09年5月6日未明、同区新富町3のスナックで、経営者の平本広子さん(当時61歳)と口論になり、平本さんの胸などをドライバーで約30回刺して殺害した。【山田毅】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強盗致死2被告に懲役23年 東京地裁判決
裁判員裁判:新潟地裁で開始 全国で最も遅く
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張
裁判員裁判:「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁
裁判員裁判:父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決

牛丼店強盗事件に店員が便乗、1万円盗む(読売新聞)
“エコチャリ”でGO! 渋滞知らずラクラク富士周遊 河口湖にレンタル電動自転車40台(産経新聞)
過半数は微妙?大阪府議会の「伊丹廃港決議案」(読売新聞)
東京や新宿へ便利に…横須賀線・武蔵小杉駅開業(読売新聞)
「キンドル」のベストセラー 「無料書籍」ばかりのカラクリ(J-CASTニュース)
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ミスターおさむさわぐち

Author:ミスターおさむさわぐち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。